【宿の経営者が教える】ホテルを安く予約する方法5選!

こんにちは、またよしです。長野県松本市でゲストハウスや一棟貸切り宿、半弓場を運営しています。
ホテルを安く予約する方法を実際の宿泊施設経営者の目線でお話します。

そもそも、「なんでホテルは料金が変わるの?」

◎出来るだけ高い価格で全ての部屋を満室にしたいから、需要と供給に合わせて価格を変更している。

例えば、平日は旅行者が少なく宿同士でお客さんの取り合いとなるため、隣より安くして自施設を選んでもらおうと考えます。

逆に土日祝日は旅行者が多く、価格を上げても予約が埋まるため価格を上げます。
その極端な例がGWやお盆、年末年始、3連休などです。この日は多くの観光地で街の宿が全て満室になるほど混みあいます。その場合、通常1名1泊1万円の宿が2万円、3万円と価格が吊り上がっていきますが、それでも予約は埋まるのでどんどん価格が上がっていきます。
しかし、普段1万円の宿がGWだけ10倍の10万円にしてしまうと、レビュー(口コミ)が極端に下がるため、バランスのいい2~3万円などで落ち着きます。
(宿の価格決定者からすると利益と口コミのバランスが難しいですね)

ちなみに当宿は、オープンしたての頃は通常料金の2倍など極端に上げていましたが、最近は10~20%程しか上げません。その方がお客さんにも喜んでもらえるし、価格を上げ過ぎると宿スタッフもプレッシャーを感じてやりにくくなるためです。

そんなこんなで本題に入ります。

1. 宿の公式HPから予約する

まずは何といってもこれ!公式HPから予約する。
多くの宿泊施設では、下記のような宿泊予約サイトと契約しています。自社HPだけだと人目にあまり触れないですからね。

  • じゃらん
  • 楽天
  • Booking.com
  • Airbnb
  • Expedia

宿はこれらの宿泊予約サイトに対して、1予約毎に宿泊料金の8%~15%ほどの予約手数料を支払います。
例えば15%だと宿泊料金1万円の場合は1,500円を集客手数料として予約サイトに支払い、残りの8,500円が宿の収入となります。

しかし宿の人は考えました。
それならば、自社公式サイトの料金は1万円ではなく、9,000円にすればお客様は安く宿泊でき、宿の収入も増えいいことづくめじゃないかと。

・ベストレート保障
・HPからのご予約が最安です

等の文言が公式HPに載っているホテルは要チェックですね。

◎ベストレート保証のちょっと豆知識

みなさん、ベストレート保証を謳っているホテル公式HPにこんな文章を見たことはありませんか?

「他の予約サイトでこちらより安い価格で販売されていた場合、ご連絡頂けましたらお客様からのお知らせのあった最低価格と同料金でお泊まりいただくことを保証します。」

あれ?公式HP料金や予約サイトの料金をホテルが自分で決めているのに、予約サイトの料金を把握してないってどうゆうこと?と疑問に思うかもしれません。
これはたまに宿泊予約サイトが勝手に値引きをしていることがあるためです。
宿泊予約サイトからすると、その値引き分は私たちが負担するので宿側は損しないから伝えなくてもいいでしょ?という理屈です。
予約サイト同士も競争しているので、他社の予約サイトより自社の予約サイトで予約してほしいからこういう事が起こります。

なので気になるお宿を見つけたら、まずはGoogleで宿名を検索し公式サイトを調べてみましょう!
予約経路を変えるだけで簡単に安く宿泊出来ます。
ちなみに料金が安くなったからといって、宿のサービスが下がることはありません。

2. 平日に予約する

可能であれば平日に宿泊することをお勧めします。
ここで言う平日は、日曜~木曜のチェックインです。
金曜、土曜チェックインは混む傾向にあるので、どこも繁忙期料金を設定しがちです。
意外と安いのは日曜日のチェックイン、金土の反動からか日曜はお客さんが少なく安くなっていることも多いです。
宿の価格設定は、少なくとも【通常期】【繁忙期】【閑散期】の3種類、多いところでは20種類以上の価格設定をしています。
例えば、4月~7月は通常期価格、8月~12月は繫忙期価格、1月~3月は閑散期価格、そこからさらに4月~7月の通常期価格の内、日曜~木曜は平日価格、金曜土曜は週末価格、などと別れていきます。
閑散期の平日は特に安くなる傾向があり、安く泊まるならこの時期がオススメです。

3. 直前に予約する(直前割り)

空室よりも少し安くてもいいから埋まってほしい、と考えるのは宿経営者の常です。
お宿によって変わりますが、宿泊日から1,2週間前から安くなります。
これは直前の埋まりにくさもありますが、1週間前になったら自動で料金を安くする設定にしている場合もあります。
値下げ幅は5%~50%、極端な宿では70%オフになるところもあります。
宿泊日数日前に直前キャンセルがあり、大きく値下げする場合もあるのでそこは狙い目ですね。

問題点としては繁忙期には使いづらいことや希望の日にちが取れない場合があることです。

4.3カ月以上前に予約する(早割り)

宿の経営者は翌月や3か月後などのちょっと先の予約が埋まっていると心穏やかに過ごせます。そこで誕生したのが早割です。(コロナ禍の現在は、緊急事態宣言が急に出されたり、コロナの先行きが不明なことから、翌月の予約が全然入らなくなりました。)
旅行の予定を早めにたてるのが得意な方にはオススメ出来る方法です。
割引率は5%~30%程。宿側もまだ切羽詰まってないので、直前割よりは割引率を低く設定する傾向にあります。

注意点として、返金不可プランになっている場合がある、そもそも早割を設定している宿は少なめなどがあります。

5. 返金不可プランで予約する

絶対にキャンセルしないならちょっと安く泊まれるよ!というプランです。
割引率は5%~30%程。返金不可プラン自体設定していない宿も多いですが、もしあれば確実に通常料金よりは安く泊まれます。
注意点として、
・そもそも返金不可プランを設定している宿は多くないので探す手間がかかる
・数日後の宿泊等直近ならいいですが、数か月後など予定が変わるかもしれない先の予約にはお勧めしません。筆者の宿のお客様でも数カ月先の予約を返金不可プランで行い、直前になってやっぱりキャンセルする、という方は一定数います。

【番外編】コロナ禍限定!県民割などの地域限定割引を使う

筆者の住んでいる長野県を例にお話しします。
Go toトラベルが休止中の現在(2021年8月5日)長野県が県内在住者向けにお得なプランを行っています。
【県民支えあい 信州割SPECIAL 宿泊割】
例えば、5,000円の宿泊料金の場合、2,500円割引、さらに2,000円分の街で使える観光クーポンがついて実質500円(!)で宿泊できる、という割引制度です。
https://tabi-susume.com/sws/

各都道府県の割引一覧をまとめた、とてもわかりやすいサイトを見つけたので気になる方はこちら↓↓

https://travelersnavi.com/coupon/goto47
参考:旅行クーポンサイト!

まとめ

特におすすめなのは1.宿の公式HPから予約する。です!
色んなプラン見比べたり面倒ごとが苦手な方は、まずはホテル公式HPをググってみましょう!
簡単に少しお安く宿泊出来ますよ。

アゼルバイジャンでパインパインなおじさんにATMに連れていかれた話

明日は東京オリンピック開会式ですね、こんにちは、またよしです。

みなさんはアゼルバイジャンという国を知っていますか?
カスピ海ヨーグルトで有名なカスピ海に面した小さな国です。世界地図でみるとトルコの東側にあるこの国↓↓

今回のお話は

「海外で知らないおじさんについていくと怖いよ!」

というお話です。

時は2015年、僕は100万円を握りしめて日本からヨーロッパまで10カ月かけてユーラシア大陸を横断していました。

アゼルバイジャンはお隣のグルジア、アルメニアと合わせてコーカサス3国と呼ばれたりもするのですが、このコーカサス3国は基本貧しい国で、2015年当時スーパーの物価は日本の4分の1程でグルジアではカフェ店員の日給が800円!というぐらい日本と比べると経済的には豊かではない国々でした。

そんな中でも特殊なのはアゼルバイジャン、当時カスピ海で石油が取れたことからアゼルバイジャンの首都バクーだけは経済的にとてもリッチでした。
コーカサス地方ではあまり見かけない高層ビルが立ち並び、街を歩く人々はスタイリッシュな出で立ちで、物価は日本より少し高い程でした。
僕が宿泊したホステルも街で一番安いところだったのですが、ドミトリー1泊で3,500円程したと思います。

当時、僕は一日の旅の予算を2,000~2,500円に設定していたので、アゼルバイジャンの物価の高さはしんどかったです。

そんなこんなでお隣のグルジア(今はジョージア)からバスやタクシーを乗り継いでアゼルバイジャンの首都バクーに着いた初日に事は起こりました。
早朝バクーに到着し、宿に荷物を置き、さっそく街の散策に出かけました。

カスピ海に面していてとても爽やかで都会的な街なのですが、路地を歩いていると「チーノ!チーノ!笑」(中国人またはアジア人への蔑称)と子供たちがからかってくるので、綺麗で都会的だけど、なんか妙に感じの悪いとこだな。と奇妙に思いながらもひたすら歩いていました。
そうこうするうちに街とカスピ海をを見下ろす高台の公園にたどり着きました。

そこには観光客はいなく、地元の人たちがオープンカフェ(といっても外にテーブルと椅子が何個も置かれているだけ)で食事やお茶を楽しんでいました。

そろそろお腹が減ったなーと思い、遅い朝食にしようかと思い、メニューを見たら驚きました。
単純に高かったのです。お隣のグルジア、アルメニアでは一食200~300円も出せば十分美味しい食事が出来たのですが、ここでは1,500円ぐらいします。
すぐ隣の国なのに6倍です。

そこで僕はう~んと悩んでいたら、

「兄ちゃん、どっから来たんだ?」

と顔の濃い固太りで腹がものすごいデブ(とにかく腹がすごい!!)な地元のおじさんから定番の質問が飛んできました。
おじさんは「なにが食いたいんだ?」と僕に聞き注文し席まで持って来てくれました。

腹がものすごいでかいけど、とてもスマートなエスコートでした。
そんなお腹おじさん(以下腹ぱいんおじさん)に遅い朝食をご馳走になりながら他愛もない話をいろいろしました。

その中で特に印象に残っているのは、
腹ぱいんおじさん「一日働いたって2,000円ちょっとにしかならん、大変だよ」
僕「え、そうなん?物価高いのに大変だね」

みたいな会話をしたのですが、ここで
(、、、いや待てよ、そしたらこの二人分の朝食で腹おじさんの日給全部吹っ飛んだのか、それなのに奢ってくれるなんて、なんてホスピタリティのある人だ!)

と少しの疑問もありつつ喜びました。

その後

腹ぱいんおじさん「宿はどこだ?車で送ってやるよ」
僕「いいん?お願いします!」(結構歩いたみたいで宿まで遠いから助かった)

と、そんなこんなで、おじさんの昔の映画に出てきそうな年季の入った乗用車に乗り込み宿まで送ってもらうことになりました。

しかし、
コーカサスはそんなに甘くありません

腹ぱいんおじさんはそのまま僕をATMに連れて行きました。
腹ぱいんおじさん「金を貸してくれ!」
僕「え?」
腹ぱいんおじさん「このATMで金を下ろせるから5万円貸してくれ!」

と、さっきまでとは打って変わってものすごい圧力で迫ってきました。顔も濃いし、腹の圧も凄いし、急展開過ぎて僕はびっくりしました。

(しかもアゼルバイジャン初日でアウェイ、全く知らない場所wifiが無いので自分の現在地がわからない、腹ぱいんおじさんの車の中、よく見たらやばい人の顔つきをしている)

などの現状を考え、とりあえず下手な行動は命とりだなと思い、ATMに行きました。

しかし、そのATMでは僕の使っていた新生銀行カードは使えず(海外では+plusというマークが入ったATMしか使えなかった)、(良かった~)と思いつつ腹ぱいんおじさんに
僕「このATMは使えなかった」
と伝えました。

そしたら腹ぱいんおじさんは
腹ぱいんおじさん「なに!?使えるやろ。もっかいやってみ!」
僕「いやいや無理だって日本のカードじゃ使えないよ」
腹ぱいんおじさん「なんやと!う~ん、う~~ん、、、じゃあさっきの飯代の1,500円返して。」

とせこいお願いをしてきました。

僕はもうめんどくさいので2,000円返し、腹ぱいんおじさんはそのまま車で去っていきました。

これは後から知ったことですが、アゼルバイジャンのバクーでは石油マネーで潤う人達がいる一方、物価は上がるけど賃金は上がらず生活は苦しい人たちもおり、貧富の差は大きく、その溝がバクーの街に流れるあの妙な違和感の正体だったのかもしれません。

今回は結果オーライでしたが、知らないおじさんは危ないですね。
コーカサス地方だからこの程度で済んだけど、これがもし南米やアフリカだったらピストルが出てくる可能性もあるので、みんなは知らないおじさんには着いて行かないようにしましょう。

またよしでした。

県民支えあい 信州割SPECIAL !

【2021年10月更新】

またまた長野県民割始まりました!
3名様以上でのご利用でお一人あたり一泊2,500円(+観光クーポン¥2,000分が付きます)で宿泊出来ます。(実質500円!)
下記、長野県民割料金表です。

3名様: 1泊合計 ¥7,500 (+観光クーポン¥6,000)
4名様: 1泊合計 ¥10,000 (   〃    ¥8,000)
5名様: 1泊合計 ¥12,500 (   〃    ¥10,000)
6名様: 1泊合計 ¥15,000 (   〃    ¥12,000)
7名様: 1泊合計 ¥17,500 (   〃    ¥14,000)
8名様: 1泊合計 ¥20,000 (   〃    ¥16,000)
9名様: 1泊合計 ¥22,500 (   〃    ¥18,000)
10名様: 1泊合計 ¥25,000 (   〃    ¥20,000)
11名様: 1泊合計 ¥27,500 (   〃    ¥22,000)
12名様: 1泊合計 ¥30,000 (   〃    ¥24,000)
13名様: 1泊合計 ¥32,500 (   〃    ¥26,000)
14名様: 1泊合計 ¥35,000 (   〃    ¥28,000)

※2名様以下料金はお問い合わせください
※1度の宿泊旅行あたり2泊までとなります。

対象期間:2021年6月18日(金)~2021年12月23日(木)の宿泊分まで

対象者:長野県内にお住まいの方
・同居家族や少人数など旅行人数にかかわらず割引対象となります。
・「安心旅人宣言カード」の提示など、感染拡大防止の協力が得られる方
※県内の新型コロナウイルスの感染状況により割引できない期間が生じる場合があります。

ご予約は、HP予約フォームから「信州割SPECIAL希望」と備考欄に書いてご予約下さい!

HPリニューアルしました

wordpressを使って宿のHPを新しく自作してみました。
HP制作はとても大変です。

top page

top page