コロナと10年前の松本と電動キックボード

コロナと10年前の松本と電動キックボード

3月も終わりに差し掛かり松本もずいぶん暖かくなってきました。しかしコロナウィルスの影響で3月からは海外からのお客さんはほとんどいなくなり、街で大きいバックパックや重そうなスーツケースを引きずった人を見かけなくなり淋しい状態です。

松本は年々海外からの観光客が増えていき、最近までは駅周辺のどの交差点で信号待ちをしていてもかならず外国人観光客の姿が見えるほどになりましたが、コロナ後は外国人はほとんど見かけません。まるで10年前の松本の街に戻ったようです。僕がはじめて松本に来たときはまだ街にこんなに人がいなくて静かで落ち着いた平和な街だなーと思ったものです。

東南アジアとかにある新興観光地ほどではないけど、ここ数年の松本の変化もとても速いものだと思います。毎年新しい店がどんどん増えて街並みも変わってきています。昨年はカフェ開業が多かったかな、今年はホテルやゲストハウスがどんどん増えるぞー、というところでのこのコロナです。松本の冬は寒くてとても閑散期なので春に向けてオープン準備や新しいことをやろうとしている人も多かったでしょうがそれを全て失速させてしまうこのタイミングですね。

宿が暇になると、とても暇になるので昨年の夏から眠らせていた電動キックボードを乗り回してきました。
松本駅すぐ近くの松本半弓からスタートし、女鳥羽川沿いを北上し浅間温泉から美ヶ原温泉経由で女鳥羽川に戻り南下して戻りました。
全部で多分13kmぐらい、約1時間15分ぐらいで回れました。
その日はちょっと天気が悪かったのですが、暖かくて快晴の日に乗れたら最高だなと思いました。松本はとにかく天気の良い日が多いのでまた乗り回そうと思います。
ちなみに4月から松本半弓で電動キックボードのレンタルを始めると思います。
料金はまだちゃんと決めていないですが¥1,000~¥3,000の範囲ぐらいかなーと思います。

又吉でした