和室の床下の断熱除湿工事しましたDIY!

和室の床下の断熱除湿工事しましたDIY!

和室の床下の湿気と断熱がずっと気になっていたので、一番の閑散期真っただ中のこの機会に床下の湿気対策と断熱対策しました。

まず畳を外して、床板を全て剥がします。(床板も古くなっていたので総とっかえ)

古くなった釘がなかなか抜けないので、頑張って抜いたり潰したりがとても大変、ここで結構時間を使います。

そしたら土をかるく耕して均一にし、床下防湿シートを敷いていきます。

そうしたら全体に敷いた防湿シートの上に床下調質材を撒きます。

こちらの和室は6畳。一袋20㎏が畳1畳分との説明でしたが、念のため少し多めの10袋撒きました。厚み1㎝ぐらいで全体に均等になるようにするといいとのこと。

調湿材の白い粉が舞に舞うのでマスク必須。服も靴も一気に白くなります。

次は断熱材を桟の間にはめていきます。カインズホームで売ってる中で一番厚い4㎝のやつを用意しました。

ピッタリサイズでどんどんはめていきます。

全体が出来たら踏み抜かないように注意です。

もうちょっとで完成。次は新しい床板を敷いていきます。

床板は12㎜のコンパネ、このコンパネ近年どんどん値上がりしている気がする、2020年1月現在1枚¥1,580。2年前は¥1,000で買えた気がするが気のせいか。

柱にあたる部分はうまく切りかいてはめます。 そしたら全体をビス打ち。

最後にその上に畳を敷いたら、、

完成!!

この機会に畳も新しいものに替えました。

古民家は床下の湿気と床下から来る冷気が気になるので、今回の工事でその2つを緩和出来たと思います。

なんだかんだで冬は毎年床下工事してるな~

古民家の維持修繕は地味なことの連続です。

又吉でした。